ギフト竹原店の盆提灯コーナーのご案内

ギフト竹原店では、お盆の期間中に店頭で盆提灯を販売いたしております。

盆提灯とは

お盆のとき、先祖や故人の霊が迷わず帰ってくる目印として飾ります。迎え火・送り火の大切な役割となります。

盆提灯は故人の冥福を祈り、感謝の気持ち込めたお盆の供養を表すものです。 親戚や故人と親しかった方は、故人の供養のためにいろいろなお供え物をしますが、盆提灯はお供えとして最高のものとされています。

贈られた盆提灯は、多ければ多いほど故人が周囲の方々から慕われていたことを示すものです。贈る側も故人に対する感謝の気持ちを込めて贈ります。

盆提灯は宗派による違いはありませんので、お好みの盆提灯をお選び下さい。

お盆(送り火・迎え火)

故人や先祖の霊が一年に一度家に帰って来るといわれており、その霊を迎え供養する期間がお盆です。

東京では7月13日から7月16日、その他の地方では8月13日から8月16日に行われ、8月のお盆のことを旧盆や月遅れのお盆といいます。

お盆の前日には、故人や先祖の霊を迎える準備をします。 精霊棚か仏壇に、精進料理を供えた霊供膳や季節の物を供えてお盆のしつらえをします。

13日の夕方に、家の前で焙烙(ほうろく)という素焼きの皿の上でおがら(麻がらのこと)を焚いて、「迎え火」として故人や先祖の霊を迎えます。

墓参りをしたあと、墓地で盆提灯に明かりを灯し、霊を自宅まで導いて帰ってくるという風習を行う地域もあります。

浄土真宗では、迎え火で霊をお迎えする慣わしはありませんが、お盆の間は盆提灯を飾って、仏さまと先祖に報恩感謝をささげます 16日には再び火を焚いて「送り火」として送り出します。